ねずみ 発売してから8年 一般からプロにも大好評 ねずみ防除プレート「とおせんぼ」
youkoso

#

私がネズミ駆除器具の発明に至るまで

近年、東京をはじめとくに都市部でネズミの被害が拡大を続けているとのマスコミ報道があいついでいます。とくにクマネズミなどの巨大な種類のネズミが増え、騒音、建物への被害も甚大になっているほか、料理店などでの衛生上の問題も指摘され、また、電源コードをかじるなどによる火災の恐れも現実のものとなってきています。

当ホームページでは、私自身がネズミ駆除で苦労し、ついには成功した体験をご紹介するとともに、自ら苦労の末に開発した駆除器具のしくみについてご紹介しています。
おなじ苦痛を味わっている方の助けになればと思い個別のご相談にもボランティアで応じさせていただいております。どうぞご遠慮なくご利用ください。

自宅を走り回るネズミたち

私とネズミとの関わりが深くなったのは、自宅を持った40年前ものことでした。
私は名古屋市内に住んでいて、この一年程前まで、毎日毎夜バタバタ・ドカドカとネズミの走り回る騒がしい音に悩まされ続けていました。
静まりかえった真夜中に、ネズミの舞踏会が夜ごとに繰り返されるのはたまりません。ゴソゴソする音、駆けずり回る音、木を齧り歯を研ぐ音、真下に人の気配があろうがおかまいなし。決まって夜明け前には壁のスキマから帰っていくのです。

それまでにいろいろな駆除方法を試みました。 40年間で捕獲したネズミは80匹 。それでも、ネズミの来ない静かな環境は実現できませんでした。どの駆除方法も手間がかかり、結局繁殖するネズミに勝つことはできませんでした。
ところがある日、いつもにまして激しいネズミの大舞踏会に見舞われ、とうとう怒り心頭に達し今度こそ!と奮起し、独自に駆除方法を考えはじめました。私は、昔、親父から、ネズミには 「栗のイガ」が良いと教わった記憶があるのを思い出し「これはいけるぞ!」とベニヤ板に釘を打って製作に取り組みました。

一枚のベニヤ板に1000本ものクギを打ちつけるのですから、指を叩くやら、目は疲れるやら肩は凝るやら、たった3枚を作るのに大変な思いをしました。それでもやっとの思いで出来上がり、さっそく天井裏のネズミの通り道らしい場所を狙いテストで置いてみたところ・・・なんとその夜すぐに成果があがったのです!めったに鳴かないネズミが突然悲鳴をあげたのです!狙い通りくぎを踏んだのです。痛さを体験したネズミはどう思ったことでしょう?とにかくこれでついに、撃退の一歩を踏み出したのです。

予想を上回る結果で、ねずみ年生まれの男がネズミをいじめて良いのか、苦笑しながらも、ネズミに勝てそうなムードを感じ、だんだんネズミとの知恵比べが楽しくなってきました。しばらく様子をみていると、その後も懲りないでやってきましたが、様変わりしたのは、耳をそばだてないと聞き漏らす程静かに歩いていることで、さながら抜き足差し足といったところ。当然のごとく、騒々しい舞踏会はやらなくなったのです。おそらく身の危険を学習したのでしょう。

これからが知恵比べ本番。トゲの効能とネズミが学習する能力を持つのは分かりました。しかし、いまだに来るのはなぜかわかりません。取り付け数が少ないのか、取り付け場所に問題があるのか。そこで、手製の駆除器具の数を増やし、追加テストを行うことにしました。ただ、天井裏への上り下りを思うと気が重くなります。この作業は思いのほか大変で、温度が高い、ホコリが溜まっている、足場が不安定などなど経験者でないと分らないことがいろいろ出てきます。とりあえず、侵入路に近い壁際に手製の駆除器具を日頃の音を頼りに取り付けておきました。

追加取り付けで効果倍増

その結果、二度目の取り付けで、より顕著な効果が確かめられました。驚いたのは、ネズミの訪問回数が極端に減り、一か月に3日程、やがて二か月に一日か二日と間隔が広がっていったことです。もちろん、静かにやってくるのでネズミ自身が体験した痛さがバリヤーの効果を生んでいることは疑うまでもありません。

こうして、本当に静かな日々が続くようになりました。しかし、時々やって来るネズミが、今度は騒ぎ回らないかわりにガリガリやりはじめました。静けさに慣れた後だけに響きは強烈で、今にも柱がかじり倒されそうに聞こえてくるほどでした。調べて見ると激しい音にしては大してかじっていないのですね。それは、食べるのではなく、歯を研ぐだけだからということがわかりました。やってくる回数や間隔から推察すると、バリヤ効果は認められるが、柱をかじられるなど、未解決なところを完全にシャットアウトしないと完全な勝利にならないなと考えました。

電線も伝うクマネズミなどは梁やダクトをいとも簡単に伝うはずです。私は、ここの手当てが足りないと診断しました。梁や排気ダクトなど伝い歩きしそうな箇所全ての封鎖、横断出来ないような処置をすべきだと考えました。梁などを含め、全体の取り付け数量を見直し、再度の追加でパーフエクトな解決をめざしました。

とおせんぼの量産に挑む

しかし、追加製作に挑むのは大変なことで、しかも,多めに用意しておきたい。それまでは、出費はわずかなホームセンターでの材料購入費で済んでいました。しかし、量産には投資が必要です。一方ではやはり40年の悩みも解消したい。完成の一歩手前でやめるのもおしいので、いくらかの投資はしようと心に決めました。そして、本当に優れたものなら広く普及させるのも悪くないと考え、具体的に量産構想を練り始めたのです。さらに特許申請手続きも考慮に入れようと夢はひろがっていきました。

量産可能なこと、安いコストをテーマに、製品構造や材料の選択,製造技術などの試行錯誤が始まりました。針のムシロに代わる製品が狙いです。手間が省けるネズミ駆除方法である必要があります。消耗品ではなく一度取り付けたらメンテが要らない耐久材である必要があります。しかも、効能が持続される必要がある。そんなことを考えながら、金型の制作に取り組みました。

特許申請と商品化

また並行して、特許登録申請手続きを進めることにしました。幸いなことに、国内での打率順位、五指に入る優秀な弁理士が揃う特許事務所と親交があり手続きを依頼できました。打率とは、登録数と申請手続き数の比率で高いほど良いのです。

ここまで運ぶと、より一層の商品化の問題を考えておくべきと思っていたところ、こんな新聞記事が,目にとまりました。「信州大学地域共同研究センターが出世払い創業支援制度をスタート。アイデアを活かした創業を志す方を支援するシステム」と。さっそく申し込み、支援を仰ぐことになりました。

その結果、製品構造、製造技術、梱包パッケージ、販売手法などのアドバイスをしていただくことができ、すんなりと商品化に漕ぎつけることができました。その次にはネーミングです。いろいろ考えた末、「とおせんぼ」と名づけることにしました。

その後は、さらなる追加テストの実施です。狙いは、梁や排気ダクトなど、伝い歩きしそうな箇所を遮断すること。梁と梁の中間、梁と梁の両端、その他伝い易そうな場所の両端か中間に取り付けてみました。 これらは、折り曲げ加工したり、針金で落ちないよう固定しました。

ついにネズミに勝利!
長期設置でも有効性を確認

梁などに取り付けた初夜は、物音一つしませんでした。二日目、昨日と同じ嘘のように静かな夜でした。一週間が過ぎても変化がありません。ついに40年来のネズミとの戦いに勝利したのです!

一週間後、写真を撮り拡大鏡で見ていると、写真の一枚に血のりが写っているではありませんか。詳しく調べると、天井板に黒い円形の血のり、横のトゲの先端に赤が鮮明な血が写っていました。板に着いた黒っぽい血は間違いなくネズミが踏んづけた証しです。このテストで静寂を取り戻して一年がすぎました。まったく問題は起こりません。努力がついに実ったのです。

「とおせんぼ」は、バリヤー式駆除で追い払うだけですから追われたネズミは安全な場所に移動すると考えるのが妥当です。「とおせんぼ」は、我が家のみが良ければ善しとの思想ではございません。相手が相手、一人一人が身近なところから対処しなければならないでしょう。それをまず、やろうと考えるもの、やがてコミニィティで取り組めば、特定地域から追放できる可能性は大いにあります。ネズミに負けない駆除を行うには、手間をかけないのが一番。時々では、繁殖力にかてないから駄目です。継続こそ結果になります!!先人の知恵を拝借し自ら開発したものですが、素晴らしいの一言です。困っている方、興味を持たれた方は、ぜひ、知恵比べにチェレンジしてください!

当ホームページを立ち上げてもう数年になりますが、個人の方から大企業にいたるまで数多くのお問い合わせをいただき、実際に設置をさせていただくことも増えました。さすがに、すべての対応はできないということで、協力店(販売施工代理店)のネットワークづくりに力を注いできました。そのかいあって、さまざまな業者さまにとおせんぼを採用していただいております。 コスモシステムは名古屋の企業ですが、全国の協力店で施工しています。施工をお考えの方はお近くまでお問い合わせください。→協力店ご連絡先一覧

★とにかくすぐに買ってためしたい!とお急ぎの場合はこちらでお買い求めいただけます。10枚がワンセットになっています。コスモシステムから直送!もちろんメールでのアドバイスはきちんとさせていただきます。怪我をしないようにご注意ください。通信販売法に基づく表記を必ずお読みください!

#

株式会社コスモシステム 名古屋市西区中小田井5丁目450
TEL 052-509-5313 FAX 052-509-5303

Cosmo-system Co.,ltd All Rignts ReserverdSupported by I Cue Media Co.,Ltd